2015年10月03日

4月から始まる奨学金の返済を前倒しして利子を少しでも減らしたい 繰り上げ返済したい 返済額を減らす方法


私は2016年3月に4年生の大学を卒業し、4月からは奨学金の返済が始まります。
毎月5万借りていたため、利子3%を含めて300万円ほど返済しなくてはなりません。

また、奨学金の返済を延滞すると返還すべき金額に加えて延滞金を払うことになるので注意が必要です。

利子のない第一種奨学金もありますが、私の場合それは通らず第二種は利息付の奨学金となったため、返済の利子分を減らすため、繰り上げ返済したいと考えています。

下記に示すのが、「通常通り15年間返済した場合」、「7年5ヶ月までは通常通り返済し7年6ヶ月目で全額返済した場合」の2通りのシュミレーションをした結果です。

・15年(通常通り)返済した場合
貸与総額:2,400,000 円(月5万 第二種奨学金 4年)
貸与利率:3.0 %
返還総額: 2,983,22円
月賦返還額:16,573 円
返還回数:180 回 ( 15 年 )
利子分:583,242円

・7年5ヶ月まで通常通り払い、7年6ヶ月目で残額を全て返済した場合
貸与総額:2,400,000 円(月5万 第二種奨学金 4年)
貸与利率:3.0 %
返還総額:2,866,636円
月賦返還額:16,573 円
返還回数:103 回 ( 7年6ヶ月 )
利子分:466,636円

利子分の差が583,242-466,636=116,606円でます。

この差は非常に大きいです。それに、これは7年6ヶ月目で残りをすべて返済した場合なので、もっと早くから何度かに分けて繰り越して払うことができれば、さらに利子の差が発生します。

繰り越して払うに越したことはないですね、ただそれには生活をしつつ、返済に回せるお金が必要です。

無料かつ、メールアドレスだけでお小遣い稼ぎができるサイトがげん玉です。

将来の奨学金の返済に備え、この機会に是非登録してみて下さい。


※利子率は正確には3.00%ではありませんが、今回は3.00%として計算させて頂きました。
※この計算には計算サイトを利用しました。
posted by tommy at 00:34| Comment(0) | TrackBack(0) | マネー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック